硬め?柔らかめ?腰痛用のマットレスを選ぶ際のコツを伝授!

2018/03/19

 

 

腰痛を軽くする為の
最適なマットレスの選び方を教えます!

 

 

「朝起きた時に腰痛がする」

「寝て起きると背中が凝っている」

なんていう症状が起きると、
寝た気がしないんですよね。

逆に疲れすら感じるくらいです。

 

こんな症状がある場合、
マットレスの硬さが
自分に合っていない可能性大です。

そのまま使い続けると、
腰痛が悪化する可能性が
どんどん増えていきます。

 

ただ、マットレスを変えようにも、

硬め?柔らかめ?
どっちにすればいいの?

なんて迷いますよね。

 

そこで今回は、
マットレスを選ぶ際に、

硬めがいいのか?
柔らかめがいいのか?

どっちを選ぶべきなのかを
見極めるコツをお教えます。

 

腰痛持ちは高反発のマットレスがオススメ!

まず、腰痛がある場合、
マットレスは高反発の物がオススメです。

 

なぜなら、低反発のマットレスだと、
マットレスが柔らか過ぎて、
仰向けに寝た時に、
腰がマットレスに沈み込んで、
“くの字”になってしまいます。

こうなると、腰に負担が集中してしまい、
腰痛が悪化する可能性が高まります。

 

一方で、高反発のマットレスの場合、
その名の通り反発力が強いので、
マットレスの反発力で、
体全体を支えてくれます。

 

そうなると、
体へ掛かる負担が分散されて、
腰痛も軽減されていきます。

その為、腰痛がある場合は、
高反発のマットレスがオススメです。

 

自分の体重でマットレスの硬さ決めるべき!

腰痛を持っている場合、
高反発のマットレスがオススメですが、
マットレスを選ぶ際に、

「私は柔らかめが好きだから」

なんて、自分の好みで、
マットレスを選ぶ人が多いのですが、
これは腰痛を悪化させる原因にもなるので、
注意が必要です。

 

マットレスの硬さは、
自分の好みではなく、
自分の体重で決めるべきです。

 

なぜなら、先程も伝えたように、
自分の体重が硬めが合っているのに、
好みで柔らかめを選んでしまうと、
マットレスに寝た時に、
腰が沈み込んでしまいます。

 

そうなると、腰に負担が集中してしまい、
腰痛が悪化する可能性が高くなります。

 

逆に、本来は柔らかめが合っているのに、
硬めを選んでしまうと、
今度は肩甲骨とお尻だけで
体を支える形になってしまいます。

 

こうなると、体全体に凝りが回って、
腰周りの筋肉も硬くなって、
腰痛が悪化しやすくなります。

 

だから、マットレスは、
自分の好みで、
硬めや柔らかめを選ぶのではなく、
体重に合った硬さを選ぶべきなのです。

 

体重別の硬め、柔らかめを選ぶ基準は?

マットレスの硬さを選ぶ際には、
“体重で決めるべき”
とお伝えしましたが、
一応、これにも基準があります。

 

通常、マットレスの硬さは、

・100N
・140N

といったように、
N(ニュートン)の数値で表されています。

 

そして、この数値が低いと柔らかめ、
高いと硬めになっていきます。

 

ただ、マットレスの販売サイトによっては、

・100N:柔らかめ
・140N:硬め

といったように、
表現されているので、

どの体重でどの硬さに対応しているのか?

ということがわかりません。

 

その為、マットレスの硬さを
体重別で選ぶ際は、

・100N:45kg以下
・140N:46~80kg以下
・170N:81kg~

といったように、
上記の数字を基準に、
マットレスの硬さを選んでいけば、
大きく外す事はないでしょう。

 

体圧分散をチェックしたマットレスも良い

腰痛を軽くする為に、
マットレスを選ぶ場合は、
硬め、柔らかめで選ぶのではなく、
体重に合ったものを選ぶべきです。

 

これに加えて、
体圧分散に優れたマットレスを選ぶと、
尚更、腰痛軽減にはいいでしょう。

 

体圧分散とは、
マットレスが、体圧(負担)を
均等に分散する働きの事です。

 

マットレスによって、
体の負担が均等に分散されると、
適度な寝返りを誘発してくれます

 

実は適度な寝返りには、
体の凝りをほぐして、
歪みを調整する働きがあります。

その為、体圧分散が優れていると、
適度な寝返りが起きて、
腰痛を軽くすることが可能なのです。

 

因みに、この体圧分散ですが、
マットレスの通販サイトを見ると、
体圧分散を計測した結果を
載せている場合と
そうでない場合があります。

 

もし、「体圧分散を測定してあります」
といったことが書いてあれば、
それは体圧分散に優れている証拠なので、
そのようなマットレスを選んであげると、
腰痛持ちにはより適しているでしょう。

 

まとめ

今回は、腰痛を軽くする為に、
マットレスの硬さは、

柔らかめがいいのか?
硬めがいいのか?

どっちを選ぶべきか、
コツをお伝えしてきました。

 

一番のポイントとしては、

自分の体重に合った硬さを選ぶ

ということになるので、
間違っても、自分の好みで、
柔らかめ、硬めを
選ばないようにしましょう。

 

自分の体重に合ったものを選べば、
早ければ、使った次の日から、

「腰痛が軽くなった」

なんて事も経験できるので、
腰痛に悩んでいるなら、
早めの対策をオススメします。

 

体重別に硬さが用意されていて、
体圧分散にも優れた、
オススメのマットレスはコチラ

今なら90日間返金保証も付いています。