高反発と低反発のマットレスではどっちが腰痛が和らぐ?答えを暴露!

2018/03/25

 

 

高反発?

低反発?

どのマットレスが腰痛を和らげる?

 

 

腰痛がある場合、
寝具にマットレスを使う事は、
物凄い効果的です。

マットレス1つでも、
朝起きた時に
腰痛が軽くなる事も多々ありますから。

 

むしろ、寝ている間は、
体を休息させる必要があるので、
その時に自分に合ったマットレスを使えば、
腰痛の悪化も防げるので、
常に快適な日々を送る事だって出来ます。

 

ただ、”マットレスが腰痛に良い”
と知っていても、高反発、低反発、
どっちを選ぶべきか迷いますよね?

そこで今回は、腰痛持ちにとって、
高反発、低反発のマットレス、
どっちを選ぶべきか?
といった事をお教えします。

 

低反発と高反発マットレスの違いとは?

まずは、
低反発と高反発マットレスの違いを、
簡単に説明していきます。

その方が、腰痛にはどっちがいいのか、
より分かりやすくなると思いますので。

 

低反発は寝心地が良い!

低反発のマットレスの大きな特徴は、
何と言っても、

 

“寝心地が良い”

 

という点にあります。

 

低反発のマットレスの場合、
読んで字のごとく、
反発力が弱いマットレスです。

ということは、
低反発のマットレスに寝た時に、
体がマットレスに沈み込んで、
包み込まれるような寝心地になります。

 

しかも、低反発のマットレスだと、
自分の体の形に変形するので、
体への負担が分散される働きがあるので、
これも寝心地の良さを引き出しています。

 

高反発は寝返りがしやすい

高反発のマットレスの場合、
低反発とは逆で、
反発力が高いのがポイントです。

 

そして、この高反発力によって、

 

“寝返りがしやすくなる”

 

というのが大きな特徴になります。

 

実は、寝返りというのは、
寝ている間に非常に重要な動作で、
寝返りをすることで、

・体の凝りをほぐす
・体の歪みを調整する

といった働きがあります。

 

その為、朝起きた時に、
体がスッキリすることが多く、
快適な1日を過ごすことできます。

 

高反発は体圧分散も優れている

高反発のマットレスの場合、
寝返りがしやすくなるのに加えて、
体圧分散にも優れています。

 

体圧分散とは、
マットレスに寝た際に、
体に掛かる負担を均等に分散する働きの事です。

 

高反発のマットレスによって、
体への負担が均等に分散されると、
体の一部分に
負担が集中することがないので、
その分、寝ている間に、
体が疲れにくくなります。

 

高反発のマットレスは、
このような事にも優れているのが特徴です。

 

腰痛を和らげるなら高反発のマットレス!

低反発と高反発のマットレスでは、
どちらも快眠をサポートする働きがあります。

 

ただし、腰痛を和らげたい場合は、
高反発のマットレスがオススメです

 

なぜなら、低反発のマットレスの場合、
マットレスに体が沈み込んで、
体が”くの字”のようになってしまいます。

 

こうなってしまうと、
腰への負担が集中して、
腰痛が悪化してしまいます。

 

一方で高反発のマットレスの場合は、
マットレスが体全体を
均等に支えてくれるので、
寝る姿勢が水平になって、
腰への負担が和らぎます。

 

こうなることで、
寝ている間の腰への負担を抑えられるので、
腰痛を和らげることが出来るのです。

 

腰痛持ちには寝返りも重要!

腰痛がある場合、
寝ている間の寝返りも重要です。

 

なぜなら、腰痛がある状態は、
腰が凝り固まって血流が悪い状態です。

その為、寝ている間に
適度な寝返りをする事で、
体の凝りをほぐして、
更に歪みまで調整してくれます。

 

 

だから、寝返りがしやすい、
高反発のマットレスの方が、
腰痛持ちには適しています。

 

逆に、腰痛持ちの状態で、
低反発のマットレスを使うと、
体が沈み込んでしまうので、
寝返りをするのに力を必要とします。

 

例えば、柔らかいソファに座ると、
包み込まれるようで気持ちいいですが、
体が沈み込んでいるので、
立ち上がる時に、
グッと力を入れないと立ち上がれないですよね。

これと同じ原理で、
低反発のマットレスを使う場合も、
寝返りをするのに力が必要になり、
それによって腰へも負担が掛かるので、
腰痛が悪化する可能性があります。

 

このような事を考えても、
腰痛がある場合は、
高反発のマットレスの方が良いのです。

 

低反発のマットレスは寝苦しくなることも

腰痛を軽減するには、

・寝返りのしやすさ
・体圧分散

これらの観点から、
高反発のマットレスがオススメです。

 

更にこれに加えて、低反発の場合、
暑くて寝苦しくなる事があります

 

なぜなら、低反発のマットレスだと、
体が沈み込んで密着するので、
熱がこもってしまい、
暑くて寝苦しくなる事があります。

 

特に夏場は低反発のマットレスだと、

“暑くて寝れない”

といった事が起きやすくなります。

 

耐久性は高反発のマットレスの方が良い

低反発のマットレスだと、
体がマットレスに沈み込むので、
寝返りがしにくくなります。

ということは、
毎日同じ場所に負荷が掛かり続けるので、
その分、マットレスもへたりやすくなります。

 

一方で、高反発のマットレスの場合、
強い反発力で、
体全体を支える形になるので、
マットレスへの負担も均等になります。

その為、マットレスのへたり具合も弱く、
低反発のマットレスより長持ちするので、
コスパも良くなります。

 

まとめ

今回は、低反発と高反発のマットレス、
腰痛にはどっちがオススメなのか?
といった事をお伝えしてきました。

 

結果としては、腰痛がある場合は、

・寝返りのしやすさ
・体圧分散に優れている

といった観点から見ると、
高反発のマットレスがオススメです。

 

朝起きた時に腰痛があると、
その日1日のテンションが一気に下がって、
全てにやる気がなくなりますよね。

 

そんな悩ましい日々から抜け出す為にも、
この機会にマットレスを高反発に替えると、
毎朝、目覚めがスッキリして、
快適な1日が始まるかもしれませんよ!

 

そんな、腰痛にオススメの、
高反発のマットレスはコチラ