柔らかいマットレスで腰痛が悪化した場合の対策とは?

2018/04/15

 

 

腰痛持ちの人が、
柔らかいマットレスを使うと、
腰痛が悪化しやすくなります。

 

この記事を読んでいるという事は、
恐らくあなたも、
柔らかいマットレスを使っていて、
腰痛が悪化したのかもしれません。

 

実は私自身も、10年以上、
腰痛に悩んでおり、
色々と対策をしてきました。

しかも、腰痛が起きる
仕組みなどを知らなかったので
柔らかいマットレスを使っていました。

 

その中でも、効果があった対策に関して、
今回は私の経験からお伝えしていきます。

 

そもそも柔らかいマットレスがダメなのは何故?

私の経験や色々と調べた結果、
腰痛持ちの人が
柔らかいマットレスを使うと、
腰痛が悪化する可能性が高まります

では、それは何故なのでしょうか?

 

その理由はコチラでもお伝えしたのですが、
実は柔らかいマットレスを使うと、
体がマットレスに沈み込んで、
くの字の姿勢で寝るようになります。

 

この姿勢で寝続けることで、
腰への負担が大きくなり、
これが腰痛につながっているのです。

その為、柔らかいマットレスは、
腰痛持ちの人が使うと、
腰痛が悪化する可能性が高まるのです。

 

柔らかいマットレスの場合、

“包み込まれるような寝心地”

なんて表現されるので、
つい、それにそそられて、
手を出してしまうのですが、
腰痛持ちにとっては、
逆効果なんですよね。

 

マットレスが柔らかい場合の腰痛対策は?

では、ここからは、
私が柔らかいマットレスを使っていた頃に、
色々と腰痛対策をしてきた中で、
効果があった対策をお伝えしていきます。

 

枕を替える

まず、真っ先に思いついたのが、

枕の高さが合っていないのでは?」

ということでした。

 

なぜなら、理論的に考えると、
マットレスが柔らかいと、
体が沈み込んでしまいますよね。

更に、それに加えて枕が高過ぎたら、
頭から腰に掛けての角度が
より鋭角になってしまい、
余計腰が沈み込む事になります

 

という事は、柔らかいマットレスに加えて、
枕が高いと、腰への負担がMAXになって、
腰痛が悪化しやすくなります。

 

寝る姿勢で、最も腰への負担がないのは、
マットレスと体が水平になることです。

 

その為、枕を低反発の物に替えることで、
頭を沈み込ませて、
寝る姿勢をより水平に近づければ、
腰への負担も軽くなるので、
腰痛対策になる可能性があります。

 

だから、枕を低反発のものに替えたところ、
多少腰痛が和らいだので、
この対策はそれなりに効果がありました。

 

ただし、それでも腰痛は続いたので、
更に色々と対策を考えて試してみたところ、
私にとってのベストは、
座布団を首の下に敷くことでした。

 

なぜなら、寝る姿勢を水平にすれば、
腰への負担が軽くなるので、
腰痛も和らぐ可能性が高くなります。

ということは、

「枕は必要ないんじゃないの!?」

と思ったわけです。

 

そこで枕なしで寝てみたところ、
今度はマットレスと首に隙間ができて、
その部分に負担が掛かるせいで、
肩や首が凝るようになってしまったのです。

 

だから、この隙間を埋めれば、
柔らかいマットレスを使っても、
寝る姿勢が水平にかなり近づくのでは?
と思ったので、
家にあった座布団を丸めて、
首とマットレスの隙間を埋めて
寝るようにしました。

 

 

そしたら予想通り、
腰痛が大分軽くなったので、
今ではこの対策がベストな対策となり、
私の場合は座布団を使っています。

因みに、この対策は、座布団でなくても、
タオルを重ねたりするのでも良いと思います。

 

腰の位置にタオルを重ねた

次に試してみたのが、
腰の位置に重ねたタオルを敷いた事です。

 

柔らかいマットレスを使うと、
腰がマットレスに沈み込むので、
腰へ負担が大きくなり、
腰痛が悪化しやすくなります。

ということは、腰の部分に、
重ねたタオルを敷いて、
腰の部分を持ち上げてやれば、
寝る姿勢が水平に近づきますよね。

 

 

だから、重ねたタオルを腰の位置に敷いて、
その上で寝てみたところ、
腰痛が軽くなったので、
この対策もそれなりに効果がありました。

 

ただし、タオルを重ねると、
確かに腰痛は軽くなるのですが、
寝ている間にタオルのズレが気になって
寝返りが打ちづらくなり、
眠りも少し浅くなってしまいました。

元々、私は眠りが浅いタイプなので、
腰痛は軽くなったけど、
その分、眠りが浅くなったので、
ちょっと微妙な感じでした。

 

それでも、腰痛対策としては、
それなりに効果があったので、
眠りが深い人には、
この対策は良いと思います。

 

以上が、
柔らかいマットレスを使った場合に、
私が腰痛の軽減を
感じることができた対策になります。

 

ベストはマットレスを替えること

上記では、
柔らかいマットレスを使った際に、
腰痛を和らげる為の対策をお伝えしました。

 

ただ、最も腰痛が和らいだのが、
やはりマットレスを替えることでした。

 

上記でお伝えした対策は、
あくまでもその場しのぎなので、
柔らかいマットレスを使い続ける限り、
腰がマットレスへ沈み込んでしまうのは、
どうしても避けられません。

だから、マットレスを替えることが、
腰痛対策には一番効果的でした。

 

その中でも特に良かったのが、
高反発のマットレスを使うことでした。

 

高反発のマットレスの場合、
読んで字のごとく、
マットレスの反発力が強いです。

その為、マットレスに寝た際に、
腰が沈み込むことなく、
寝る姿勢を水平に保つことができます

 

 

だから、腰への負担が軽くなって、
それが腰痛の軽減にもつながったので、

「やっぱりマットレスは大事だな」

というのを実感しました。

 

これに加えて、座布団を丸めて、
首の下に置いて寝るようにしたことで、
私の腰痛は徐々に良くなっていき、
今では腰痛がほとんど気にならなくなりました!

 

まとめ

今回は、柔らかいマットレスを使って、
腰痛が悪化した際の対策について、
お伝えしてきました。

 

私が実際に試してみて良かったのは、

・枕を替えたこと
・重ねたタオルを腰に敷くこと
*眠りが浅くなったけど・・・

この2つでした。

 

ただし、ベストな腰痛対策は、
やはりマットレスを替えることなので、
もしあなたが今現在、
柔らかいマットレスを使っていて、
腰痛に悩まされているなら、
マットレスを高反発なものに替えると、
一気に腰痛が軽くなる可能性が高まるでしょう。

 

もし、柔らかいマットレスから、
“高反発の物に替えてみたい”
と思ったら、

“自分に合うマットレスを選ぶ方法”

というのをお伝えしているので、
コチラの記事も読んでみてください。