腰痛を軽くするベッドマットレスの最適な硬さを見つける方法

2018/03/09

 

 

腰痛を軽くするために、
自分に合った硬さ
ベッドマットレスをお探しですか?

 

それを見つける方法・・・

お教えしますよ!

 

 

腰痛持ちにとって、
寝具は物凄く重要です。

特にベッドマットレスを選ぶ際は、
正しい硬さの物を選ばないと、
腰痛が軽くなるどころか、
悪化することも十分あり得ます。

 

そこで今回は、腰痛を軽くする為に、
自分に合った硬さの
ベッドマットレスを”見つける方法”
というのをお教えします。

 

 

ベッドマットレスは好みで選んではダメ!

ベッドマットレスを探している人が、
掲示板などで、

「どんなベッドマットレスがいいですか?」

という質問をすると、

 

「私は硬いのが好きです」
「私は柔らかめが好きです」

 

といったような回答を頻繁に見かけます。

 

はっきり言って、
この意見は全く参考にならないので、
もしあなたが掲示板などを参考にするなら、
注意が必要です。

 

自分の好みの硬さで選んでしまうと、
本当は硬い方が合っているのに、
柔らかいベッドマットレスを選んでしまい、
“逆に腰痛が悪化した”
なんて事が起きる可能性が高まるからです。

 

ベッドマットレスは体重で硬さを選ぶべき!

 

ベッドマットレスを選ぶときは、
好みで硬さを選ぶのではなく、
自分の体重によって選ぶべきです。

 

この事はコチラの記事でも
紹介したのですが、
ベッドマットレスの
通販サイトなどを見ていると、

・100N
・140N
・170N

といった数値をよく見かけません?

 

この数字はベッドマットレスの
硬さを表す数値で、
数値が低いほど柔らかく、
数値が高いほど硬い事を意味します

 

ただ、通販サイトを見ていると、
ほとんどのサイトでは、

・100N:柔らかめ
・140N:硬め

といった、曖昧な表記しかされていません。

その為、このような曖昧な表記のせいで、
自分の好みの硬さで
ベッドマットレスを買ってしまい、
腰痛が悪化してしまうのです。

 

では、体重に合った硬さは、
一体どのようになっているのでしょうか?

 

その目安が以下のようになっています。

・100N:45kg以下
・140N:46~80kg
・170N:81kg~

といった数値が
ベッドマットレスの硬さの目安になります。

たまに160Nというのを見かけますが、
170Nが81kg~なので、
160Nも46kg~80kgの範囲
と考えていいでしょう。

 

その為、この基準を目安に、
ベッドマットレスの硬さを選べば、
大きく外す事は無いと思います。

 

体圧分散が計測されたマットレスもオススメ!

自分に合った硬さの
ベッドマットレスを選ぶには、
体重で決める事が超重要です。

 

更にこれに加えて、
体圧分散を計測したベッドマットレスだと
尚更良いです。

 

体圧分散とは、
仰向けに寝た際に、
体に掛かる圧力(負担)を分散させて、
マットレスが体を均等に支えているか?
ということです。

 

この体圧分散が均等になる事で、
寝ている間に
体への負担が一か所に偏らずに済むので、
腰への負担も軽減されます。

 

ベッドマットレスの通販サイトを見ると、
この体圧分散を計測してあるものと、
そうでないものがあります。

その為、もし体圧分散を計測してあるなら、
より腰痛に対して考えられた
ベッドマットレスを意味する事になるので、
そっちの方がオススメです。

 

なぜ適度な硬さを選ぶことが重要なのか?

ベッドマットレスを購入する場合、
とにかく自分の体重に合った
硬さを選ぶことが最重要です。

 

なぜなら、適度な硬さの
ベッドマットレスを使うことで、
適度な回数の寝返りを打つことができ、
それが腰痛の軽減につながるからです。

 

実は寝返りというのは、
寝ている間に体の筋肉をほぐして、
腰の歪みを調整してくれる働きがあります

 

ただし、
柔らか過ぎるベッドマットレスを使うと、
体がマットレスに沈み込んでしまい、
胸や腰に負担が集中して、
体圧分散が悪くなり、腰痛が起きてしまいます。

 

しかも、
ベッドマットレスが柔らか過ぎると、
腰が大きく沈み込んでしまい、
通常よりも体疲れてしまいます。

そうなると、体がその疲れを取ろうと、
寝返りを打つように指令を出すのですが、
通常よりも疲れが大きい為に、
不必要に多く寝返りをさせてしまいます

 

こうなると、余計、体が疲れてしまい、

「朝起きたら腰痛がある・腰が重い」

なんて事が起きるのです。

 

更に、ベッドマットレスが硬過ぎる場合も、
体の特定の部分だけで、
体を支える事になるので、
硬過ぎる場合も、体が凝ってしまいます。

 

そうなると、
これも不必要な寝返りが多くなり、
体の疲れが取れずに、
腰痛の悪化につながりやすくなるのです。

 

だからこそ、
適度な硬さのマットレスを選んで、
体を均等に支えてもらい、
適度な寝返りをサポートしてもらうことで、
寝ている間に体の筋肉をほぐして、
腰痛が軽くなるのです。

 

自然な寝返りを可能にして、
腰痛を和らげるマットレスはコチラ

 

まとめ

今回は、腰痛を軽減する為に、
適切な硬さの
“ベッドマットレスを見つける方法”
というのをお伝えしてきました。

 

再度、その方法をまとめると、

・自分の体重で硬さを決める
・体圧分散を測定してあるものなら尚良い

ということになるので、
方法なんて大げさに表現していますが、
物凄く単純ですよね。

 

腰痛が朝起きた時から起きると、
その日のテンションが
一気に下がりますよね。

そうなると全てに無気力になってしまい、
心も体も悪くなって、
毎日が苦痛で仕方ないですよね。

 

そんな辛い毎日から抜け出す為にも、
自分の体重に合った硬さの
ベッドマットレスを選ぶことが、
明るい毎日を送る為には重要です。

 

だから、今回お伝えしたことを
参考にしていただき、
自分に最適なベッドマットレスを
見つけていただければと思います^^

 

私がオススメするマットレスはコチラ

体重で硬さを選べるし、
体圧分散も計測してあって、
更に今なら返金保証も付いていますよ^^