起床時に腰痛!?それってマットレスが合っていない証拠かも!

2018/04/01

 

 

起床時に腰痛がある場合、
それはマットレスがあなたの体に
合っていない可能性が高いです。

 

起床時に腰痛があるという事は、
寝ている間に、
何かしらの問題が起きている証拠です。

ただ、寝ている間というのは、
単純に寝具に横たわっているだけなので、
どこかにぶつかったりしない限り、
腰痛が起きるのは考えにくいです。

 

それなのに、
起床時に腰痛があるという事は、
マットレスが何かしらの
悪影響を及ぼしている可能性があります。

 

そこで今回は、
起床時の腰痛はなぜ起きるのか?
といった事についてお伝えしていきます。

 

マットレスが合わないと腰痛につながる

起床時に腰痛がある場合、
使っているマットレスが、
あなたに合っていない可能性が高いです。

 

そして、そのマットレスはあなたにとって、

・柔らか過ぎる
・硬過ぎる

このどちらかでしょう。

 

マットレスが柔らか過ぎる場合

腰痛持ちの人が、
低反発のマットレスなど、
柔らかいマットレスを使うと、
腰痛が悪化しやすくなります。

 

なぜなら、柔らかいマットレスに寝ると、
体がマットレスに沈み込んで、
くの字のようになってしまうからです。

 

こうなると、寝ている間に
腰に負担が集中してしまい、
これによって、
起床時に腰痛が起こる原因になります。

 

マットレスが硬過ぎる場合

実はマットレスが硬過ぎても、
起床時に腰痛は起きやすくなります。

 

硬いマットレスに寝ると、
柔らかいマットレスとは違い、
今度は背中とお尻だけで、
体を支える形になってしまいます。

 

このような姿勢になると、
2ヶ所でしか体を支える場所がない為、
背中とお尻に負担が集中してしまい、
体が凝ってしまいます。

そうなると、腰周りの筋肉も凝ってしまい、
それが起床時の腰痛につながります。

 

これらの理由から、
起床時に腰痛がある場合、
マットレスが自分の体に
合っていない可能性が高いのです。

 

寝返りも腰痛軽減には重要!

マットレスが柔らか過ぎたり、
硬過ぎたりすると、
起床時の腰痛が起こりやすくなりますが、
寝返りも腰痛に密接に関係しています。

 

実は寝返りには、

・体の凝りをほぐす
・体の歪みを調整する

といった働きがあります。

 

その為、適度な寝返りは、
腰痛を和らげるのに、
大きな効果をもたらしてくれます。

 

 

が、しかし!

 

 

マットレスが柔らか過ぎたり、
硬過ぎたりすると、
体への負担が大きいので、
その負担を軽くする為に、
不必要に多く寝返りをしてしまいます。

 

これがおきると、
逆に眠りが浅くなってしまい、
起床時に、

「腰痛がツライ・・・」
「寝たのに体が疲れている」

といった症状が出やすくなるのです。

 

自分に合ったマットレスの選び方は?

起床時に腰痛があるという事は、
使っているマットレスが、

・柔らか過ぎる
・硬過ぎる

このどちらかの可能性があります。

 

という事は、
自分に合ったマットレスを選べば、
起床時の腰痛も軽くできそうですよね。

 

では、自分に合ったマットレスは、
どうやって選べばいいのか?

これが疑問点になりますよね。

 

自分に合ったマットレスの見つけ方、

それは・・・

 

 

自分の体重に合わせた硬さを選ぶこと

 

 

これが、起床時の腰痛を和らげる為の、
最重要なポイントです。

 

なぜなら、自分の体重と、
マットレスの硬さが合わないから、
体がマットレスに沈み込み過ぎたり、
逆に全然沈み込まなかったりするので、
起床時に腰痛が起きているわけです。

 

だから、自分の体重と、
マットレスの硬さを合わせてあげれば、
体全体をマットレスで支える事ができて、
腰への負担も和らぐのです。

 

 

じゃあ、どのくらいの硬さが、
どのくらいの体重に合っているの?

 

こんな事を考えると思います。

 

マットレスの硬さは、
実はニュートンという、
Nの数値で表されます。

 

その為、
マットレスの通販サイトなどを見ると、

・100N
・140N
・170N

といったように、硬さが表現されています。

 

この数値が低いと柔らかい、
逆に数値が高いと硬い事を意味しています。

 

そして、この数値と体重の関係は、

・100N:45kg以下
・140N:46~80kg以下
・170N:81kg~

といったようになっているので、
これを基準にマットレスを選んでいけば、

“明らかに硬さが合わない”

といった事は避けられるでしょう。

 

ついでに体圧分散もチェック!

自分の体重に合った
硬さのマットレスを選べば、
起床時の腰痛が和らぐ可能性があります。

 

更に、この事に加えて、
体圧分散に優れたマットレスだと、
より起床時の腰痛が
和らぐ可能性が上がります。

 

体圧分散とは、
マットレスに寝た際に、
体に掛かる負担を
均等に分散する働きのことです。

 

これによって、
体全体に均等に負担が分散されるので、
腰への負担も軽くなり、
自然な寝返りを誘発して、
起床時の腰痛を和らげることが可能なのです。

 

因みに、この体圧分散ですが、
マットレスの通販サイトなどを見ていると、

「体圧分散を測定済み」

といった表記が書かれているので、
この表記があれば、
“体圧分散に優れたマットレス”
と考えていいでしょう。

 

まとめ

今回は、起床時の腰痛について、
“マットレスが合っていない可能性がある”
という事ををお伝えしていきました。

 

再度、結果をまとめると、
起床時に腰痛がある場合は、
使っているマットレスが、

・柔らか過ぎる
・硬過ぎる

この2つの内のどちらかでしょう。

 

その為、起床時の腰痛を和らげたいなら、
上記でお伝えしたように、
自分の体重に合ったマットレスを選ぶべきです

 

そうすれば、

「朝起きた時の腰痛がツライ・・・」

なんてことも減って、
快適な朝を迎える事ができるかもしれませんよ!

 

そんな起床時の腰痛を和らげてくれる、
オススメのマットレスはコチラ

今なら90日間の返金保証付きです。