注意!激安マットレスは腰痛を悪化させる可能性も!?

2018/04/20

 

激安のマットレスをお探しですか?

 

マットレスには腰痛予防や、
腰痛を和らげる働きがあるので、
快適な睡眠を望むなら、
使った方がよい寝具です。

 

 

が、しかし!

 

 

激安のマットレスを買うと、
逆に腰痛が悪化する可能性もあるので、
少し注意が必要になります。

 

このことはコチラの記事でも
取り上げたのですが、
再度、その理由について、
お伝えしていきます。

 

激安のマットレスはなぜ腰痛悪化の可能性?

腰痛がある場合、
適切なマットレスを選ぶと、
腰痛が和らぐ可能性が一気に上がります。

 

ただし、激安のマットレスだと、
マットレスの密度が低く、
すぐにへたってしまい
それが腰痛の悪化に
つながる可能性があります。

 

実はマットレスには、
“密度”というものがあり、
この密度によって、
マットレスの耐久性が変わってきます。

 

例えば、腰痛の軽減に良いとされる、
高反発のマットレス場合、
ウレタンという素材で
作られているのですが、
このウレタンの密度によって、
へたり具合が違います。

 

マットレスの通販サイトなど見ると、
密度の表記があるのですが、

・10D
・20D
・30D

といったような数値で、
密度が表されています。

 

そして、この数値が高いほど、
密度が高くへたりにくいので、
耐久年数も上がっていきます。

 

激安のマットレスだと、
この数値が大体、
15D以下であることが多いです。

大体、このくらいの密度だと、
使って1年も経たない内に、
マットレスにへたりが出て、
柔らかくなってきます。

 

そして、
マットレスがへたって柔らかくなると、
体がマットレスに沈み込んで、
くの字のようになってしまいます。

 

このような姿勢で寝続けると、
腰への負担が大きくなるので、
これが腰痛の悪化につながります。

 

その為、激安のマットレスを使うと、
密度が低く、
すぐにへたる可能性があるので、
腰痛が悪化する可能性も高まるのです。

 

激安のマットレスは実は激安ではない?

激安のマットレスの場合、
実はコストパフォーマンスを考えると、
逆に高くつく事の方が多かったりします。

 

なぜなら、激安のマットレスの場合、
密度が低いことが多いので、
へたりやすくなります。

そして、マットレスがへたると、
腰痛が悪化する可能性が高まるので、
買い替える必要がありますよね。

 

激安のマットレスを使うと、
この買い替えるサイクルが早くなるので、
実はコスパが悪くなるのです。

 

しかも、激安のマットレスとはいえ、
大体1万円ぐらいはするので、
1年も持たずに毎年買い替えるとなると、
コスパは悪いし、腰痛が悪化するしで、
逆に大損する可能性が高くなります。

 

一方で、しっかりしたマットレスなら、
買う時の値段は高くても、
高密度で耐久性もいいので、
逆にコスパが良くなる事が多いです。

 

マットレスの密度と耐久性の目安は?

激安のマットレスを使うと、
すぐにへたりやすいことから、
腰痛が悪化しやすく、
コスパも良くない事が多いです。

 

では、マットレスの密度がどれくらいなら、
どのくらいの耐久年数が見込めるのでしょうか?

 

大体目安の耐久年数としては、
以下のような感じでしょう。

 

・密度が15D以下:1年以下

激安マットレスの場合だと、
値段は1万ぐらいで、
密度が15D以下のものが多いです。

中には密度が書いていないものもあるので、
そのようなマットレスは、
密度が低い可能性があります。

 

・密度が20~25D以下:約5年

このぐらいの密度だと、
大体2万5千円前後の値段になりますが、
5年はもつので、
コスパはそれなりに良くなります。

その為、腰痛を和らげたいなら、
最低でもこの辺りのマットレスを
使いたいところですね。

 

・密度が30D以上:約10年

高品質のマットレスになると、
30Dぐらいのマットレスが多く、
値段は4万前後します。

これだと、値段は少し高いですが、
10年持つこともあるので、
コスパはかなり良くなります。

 

密度から見る耐久年数は、
大体、このような感じになります。

ただし、体重が重くなるほど、
へたるのも早くなるので、
“絶対にこの年数持つ”
ということではありません。

 

因みに、激安マットレスと、
高品質マットレスの1日あたりのコスパを、
上記の耐久年数に合わせて計算すると、

 

激安マットレス
1万÷365日=27.39円

ちょっと高めのマットレス
2万5千÷1,825日(5年)=13.69円

高品質のマットレス
4万÷3,650日(10年)=10.95円

 

といったようになるので、
実は高品質のマットレスの方が、
1日あたりのコスパは、
激安のマットレスに比べて、
2.5倍も良いことになります。

 

だから、目先の値段だけ考えると、
激安のマットレスの方が
お得に見えるのですが、
長期的な目で見ると、
実は高品質のマットレスの方が、
お得であることが多いのです。

 

まとめ

今回は、激安のマットレスだと、
腰痛が悪化する可能性がある事について、
お伝えしてきました。

 

激安のマットレスの場合、
値段だけ見るとお得に感じますよね。

でも実は、値段が激安な分、
マットレスの密度も低いので、
すぐにへたることが多いです。

 

そして、マットレスが
へたった状態で使い続けると、
体がマットレスへ沈み込んで、
腰への負担が大きくなるので、
腰痛が悪化しやすくなります

 

更に、コスパの面から見ても、
激安のマットレスの場合、
その場で掛かる費用は少ないですが、
耐久年数の面から見ると、
実はコスパが悪い事の方が多いのです

 

その為、もしあなたが、
腰痛に本当に悩んでいて、
少しでも和らげたいと考えているなら、
マットレスに関しては、
品質が良いものを選んで使うべきでしょう。

 

ただし、高品質なマットレスであっても、
自分の体に合ったものを選ばないと、
逆に腰痛が悪化する事もあります。

 

そんな事を避ける為にも、
正しいマットレスの選び方を
知っておく必要があります。

もし、自分に合った、
マットレスの選び方を知りたい場合は、
コチラの記事で解説しているので、
是非、読んでみてください。