フローリングに直置きしても腰痛に良いマットレスとは?

2018/05/06

 

フローリングに
マットレスを直置きしても、

腰痛を改善することは可能です!

 

 

新しい家に引っ越すことが決まって、
いざ引っ越し先の部屋を確認すると、
“全部屋フローリング”
なんてことは今では普通です。

その為、今まで畳の上に
マットレスを敷いていたのに、

「フローリングだと大丈夫かな?」

と心配になりますよね。

 

しかも、フローリングの場合、
畳と比べて地面が硬くなるので、
腰痛がある場合、

「腰痛が悪化するんじゃないか?」

なんて思ってしまうのですが、
マットレスを正しく選べば大丈夫です。

 

そこで今回は、腰痛持ちでも、
フローリングに直置きOKな
マットレスについて、
お伝えしていきます。

 

フローリングにオススメは高反発のマットレス

腰痛がある場合、
フローリングに敷くマットレスは、
高反発のマットレスがオススメです。

 

なぜなら、フローリングの場合、
畳とは違って地面が硬いので、
普通の敷布団や薄いマットレスだと、
地面の硬さを感じて、
背中や腰が凝ってしまい、
腰痛の悪化につながるからです。

 

一方で、高反発のマットレスの場合、
マットレスの強い反発力によって、
体全体が適度に押し返されるので、
背中や腰が凝るのを防ぐことが可能です。

 

しかも、高反発のマットレスの場合、
体圧分散に優れています

 

体圧分散とは、体に掛かる負担を
均等に分散させる働きのことで、
腰への負担を減らすことができるので、
腰痛を和らげることが可能になります。

 

その為、フローリングの上であっても、
高反発のマットレスは、
腰痛の軽減に力を貸してくれるのです。

 

低反発のマットレスは腰痛が悪化する?

フローリングにマットレスを敷く場合、
腰痛持ちなら高反発のものがオススメです。

逆に、低反発のマットレスは、
腰痛が悪化する可能性があるので、
使うのは控えた方がいいです

 

なぜなら、低反発のマットレスの場合、
反発力が弱く柔らかいので、
体がマットレスに沈み込んで、
くの字の姿勢で寝ることになります。

 

こうなると、腰へ負担が集中してしまい、
腰痛が悪化する原因になります。

 

もし、腰痛がなければ、
低反発のマットレスは、
自分の体型にフィットするので、
包まれるような寝心地になって、
快適な睡眠ができるでしょう。

ただ、腰痛がある場合は、
それが逆効果になりやすいので、
硬いフローリングに敷く場合でも、
低反発のマットレスは避けた方が無難です。

 

カビやホコリが気になる場合は?

腰痛持ちの場合、
フローリングにマットレスを敷くなら、
高反発のマットレスがオススメです。

 

ただ、フローリングに直に
マットレスを敷くと、
通気性が悪くなってカビが生えたり、
ホコリが舞うのが気になることもありますよね。

 

マットレスを使う場合、
基本的に2週間に1回ぐらいは、
風通しが良い部屋で、
日陰干しをしてお手入れをします。

だから、このようにメンテナンスをすれば、
カビが生えるのは防げるでしょう。

 

それでも、カビやホコリが気になる場合は、
すのこベッドを使うのがオススメです。

 

実は、コチラの記事でも解説したのですが、
すのこベッドを使うと、
フローリングとマットレスの間に
隙間ができるので、通気性が良くなります

その為、蒸れなども防げて、
カビが生えるのも防げるでしょう。

 

更に、マットレスを直置きとは違い、
ホコリもすのこの下に溜まっていくので、
ホコリが舞うことも最小限に抑えられます。

 

しかも、すのこベッドを使うと、
寝室がよりお洒落に見えるので、
見た目的にも、体への影響的にも、
すのこベッドはオススメです。

 

今現在ベッドで寝ている場合の注意点

今現在、ベッドフレームの上に、
布団やマットレスを置いて使っている場合、
ベッドフレームをすぐに捨てるのではなく、
一週間ぐらいは、

・フローリングに直置きしたマットレス
・ベッドフレームに置いたマットレス

この2種類でまずは
寝心地を試した方が良いです。

 

なぜなら、腰痛に良いとされる、
高反発のマットレスを使ったとしても、
寝心地の感じ方は十人十色なので、

「フローリングの上で寝たら腰痛が酷くなった」

なんてこともあり得るからです。

 

だから、今現在ベッドを使っていて、
マットレスをフローリングに直置きで
使おうと考えているなら、
一週間ぐらいはベッドを捨てずに、
寝心地などを確認して様子見をしましょう。

 

まとめ

今回は、フローリングに
マットレスを直置きする際の注意点や、
オススメのマットレスについて、
お伝えしてきました。

 

基本的にマットレスを
フローリングに直置きしても大丈夫ですが、
腰痛がある場合は、
フローリングの硬さで
腰痛が悪化することもあるので、
高反発のマットレスを使うのがオススメです。

 

ただし、フローリングに
マットレスを直置きする際は、
厚みのあるマットレスがいいので、
そのようなマットレスを選んであげると、
腰痛も和らいで、
快適な朝を迎えられると思います。

 

そんな、フローリングにも直置きできる、
オススメの高反発のマットレスはコチラ

今なら90日間返金保証付きですよ^^