マットレスを変更したのに腰痛が出る?変更時の注意点とコツとは?

2018/05/07

 

マットレスを新しく変更したのに、
腰痛がひどくなった・・・

なんでなの!?

 

腰痛を和らげるために、
せっかくマットレスを新しくしたのに、
変更したマットレスを使ったら、

「腰痛が酷くなった」

こんな事に悩まされている人は、
実は意外に多くいます。

 

では、なぜマットレスを変更したら、
腰痛が酷くなってしまったのでしょうか?

 

今回はこのことについて、
考えてみました。

 

マットレスを変更したのに腰痛が出る理由は?

マットレスを変更したのに、
腰痛が悪化する理由として考えられるのは、

・低反発のマットレスを選んだ
・自分の体重に合っていない硬さを選んだ

といったことが考えられます。

 

低反発のマットレスを選んだ

低反発のマットレスの場合、
マットレスに寝ると、
体が沈み込んで、
自分の体型にフィットするので、
包まれるような寝心地で
快眠を得ることができます。

 

ただし、低反発のマットレスだと、
体がマットレスに沈み込むことで、
くの字の姿勢で寝ることになります。

 

このような姿勢で寝続けると、
腰へ負担が集中してしまうので、
腰痛持ちの場合は、
腰痛が悪化する可能性が高まります

その為、マットレスを変更して、
腰痛が悪化した場合、
低反発の柔らかいマットレス
手に入れた可能性があります。

 

もし、このように、
低反発のマットレスに変更してしまったら、
高反発の敷パッドを上に置いて、
少しでも柔らかい状態を
変更するのがいいでしょう。

もしくは、前に使っていた
敷布団やマットレスに戻すなど、
とにかく腰痛が今より軽くなるように
する必要があります。

 

仮に変更したマットレスが
安かった場合は、
思い切って高反発のマットレスを
買い直すという方法もあります。

健康はお金には代えられないので、
痛い出費かもしれませんが、
買い直すのがベストだと思います。

 

自分の体重に合っていない硬さを選んだ

腰痛持ちの人の場合、
「高反発のマットレスが腰痛に良い」
というのは知っていることが多いです。

だから、高反発のマットレスへ
変更したのに「腰痛が悪化した」
というのが一番多いかもしれません。

 

そのような場合、
マットレスの硬さが、
自分の体重に合っていない可能性があります

 

この事は、コチラの記事でも
お伝えしたのですが、
いくら「高反発のマットレスが腰痛に良い」
とはいえ、
自分の体重に合ったものを選ばないと、
腰痛が悪化する可能性が出てきます。

 

なぜなら、高反発のマットレスにも、
硬め、柔らかめといったように
硬さに種類があるからです

 

その為、自分の体重を考えると、
本来は少し硬めのマットレスがいいのに、
柔らかめのものに変更してしまったら、
腰痛が悪化してしまいます。

 

だから、マットレスを変更して、
1週間使ってみたけど、
腰痛が悪化した場合は、
マットレスの硬さが
自分の体重に合っていない可能性があります。

 

このような場合、
もし、高反発のマットレスが、
柔らか過ぎると感じた場合は、
高反発の敷パッドを
足すのが良いかもしれません。

 

逆に、硬過ぎると感じた場合は、
マットレスの上に敷布団をしいてみるなど、
少し柔らかくしてあげると、
自分の体重に合った
硬さになるかもしれません。

 

マットレスを変更する際の注意点やコツは?

もし、今からマットレスを変更しようと
考えている場合は、主な注意点として、

・低反発のマットレスを選ばない
・自分の体重に合った硬さを選ぶ

といったことを第一優先に考えましょう。

 

できれば、実際にマットレスに寝てみて、

寝返りをする時に
無駄な力を必要としないか?

といった事を確認するといいでしょう。

 

また、中には返金保証付き
高反発のマットレスもあるので、
そのようなマットレスを選ぶと、
万が一、腰痛が悪化しても
返品ができるので、
大きく損をすることは避けられるでしょう。

 

しかも、返ってきたお金で、
マットレスを買い直すこともできるので、
なるべく返金保証付きのマットレスを
選ぶといいでしょう。

返金保証付きの、
オススメの高反発のマットレスはコチラ

 

まとめ

今回は、マットレスを変更したけど、
腰痛がひどくなった場合の理由と、
マットレスを買い替える際の
注意点やコツをお伝えしました。

 

マットレスは毎日使うものなので、
それが体に合わないと、
腰痛が悪化するだけでなく、
その日一日の疲れも取れなくなります。

そうなると、体がどんどん壊れていき、
ヘルニアなどになって、
歩けなくなる可能性もあります。

 

だから、腰痛がある場合は、
マットレスを変更するにしても、
適当に決めるのではなく、
自分の体に合ったものを
ちゃんと選ぶようにしましょう。

 

もし、自分の体に合ったものを
選ぶ方法がわからない場合は、
以下の記事で説明しているので、
必ず読んでおいてください。
腰痛対策のマットレスの選び方はコレ!気持ちの良い目覚めを約束!