高反発マットレスでもニュートンの硬さが合わないと腰痛が悪化!

2018/05/12

 

 

高反発のマットレスは腰痛に良い!

でも、硬さが合わないと、
腰痛が悪化しますよ!

 

腰痛がある場合、
高反発のマットレスを使うと、
腰痛が和らぐことが多くあります。

ただし、いくら高反発のマットレスでも、
硬さが自分の体に合わないと、
腰痛が逆に悪化することもあります。

 

そこで今回は、
腰痛を和らげる為の
高反発のマットレスの選び方を
お伝えしていきます。

 

高反発のマットレス選びはニュートンにアリ!

ニュートンって言葉知っていますか?

ニュートンと聞くと、
あの偉人を思い浮かべるかもしれませんが、
マットレス業界では硬さを表す単位として、
ニュートンという言葉は使われています。

 

そして、高反発のマットレスを選ぶ際に、
このニュートン値が
自分の体に合ったものを選ばないと、
腰痛が悪化する可能性があります。

 

実はニュートン値については、
コチラの記事でも紹介したのですが、
マットレスの硬さを表す際に、
Nの数値で表記されています。

もしかしたら、あなたが
マットレスの通販サイトを見た時に、

・100N
・140N

といった数値を
目にしたことがあるかもしれません。

 

この数値がニュートンであり、
マットレスの硬さを表しています。

そして、この数値が低いと、
マットレスが柔らかく、高いと硬いのです。

 

だから、高反発のマットレスを選ぶときも、
この硬さによって、選ぶのが第一優先です。

 

自分の体に合ったニュートン値はいくつなのか?

ニュートンが硬さを表す数値
というのが分かったと思います。

 

そしたら次に思うのが、

どれくらいのニュートン値が
自分には合っているのか?

ということだと思います。

 

実は高反発のマットレスを選ぶ際は、
この数値と自分の体重を合わせることで、
自分にとって最適の硬さとなり、
それが腰痛の軽減につながっていきます。

 

そして、体重とニュートン値の関係は、

・100N:45kg以下
・140N:46~80kg以下
・170N:81kg~

といった目安になっています。

 

その為、高反発のマットレスを選ぶときは、
上記のニュートン値と
自分の体重を合わせると、

「買った後に硬さが合わなくて腰痛が悪化した」

といった事を最小限に防げるでしょう。

 

高反発のマットレスが腰痛に良い理由は?

ニュートン値と自分の体重を合わせて、
高反発のマットレスを選べば、
腰痛が改善する可能性が高まります。

では、なぜ、高反発のマットレスが、
腰痛に良いのでしょうか?

 

この理由は、
コチラの記事でもお伝えしたのですが、
高反発のマットレスは、
読んで字のごとく、
反発力が強いのが特徴です。

 

その為、マットレスに寝た際に、
沈み込みやすい腰の部分を支えてくれて、
寝る姿勢を水平に近づけることができます

 

 

こうなると、体に掛かる負担を分散させて、
腰へ負担が集中するのを
防ぐことができるので、
腰痛を和らげることが可能になります。

 

また、高反発のマットレスで、
寝る姿勢が水平になると、
寝返りも打ちやすくなります

 

実は寝返りには、

・体の凝りをほぐす
・体の歪みを調整する

といった働きがあるので、
腰痛を軽くするのに
物凄い重要な役割を果たしています。

 

だから、腰痛がある場合は、
高反発のマットレスがオススメなのです。

 

まとめ

今回は、高反発のマットレスを選ぶ際は、
ニュートン値も体に合わせないと、
腰痛が悪化することについて
お伝えしてきました。

 

高反発のマットレスを使うと、
腰痛の軽減が可能ですが、
硬さが自分の体重に合わないと、
逆に悪化する可能性が高くなります。

その為、もしあなたが今現在、
高反発のマットレスを
買おうとしているなら、
必ず、自分の体重に合った硬さを
選ぶようにしてくださいね!

 

そんな適切な硬さを選ぶことができる、
オススメの高反発のマットレスはコチラ