妊婦さんの腰痛緩和には高反発のマットレスが良い理由とは?

2018/05/14

 

妊娠おめでとうございます!

元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

 

でも、せっかくおめでたい事なのに、
妊婦さんの場合、
腰痛に悩まされる方が多いです。

これから子供を産んで、
この先、10年以上は、
子育てに追われる日々が続きます。

 

それなのに妊婦さんの時期から、
腰痛を抱えていては、
とてもじゃないけど
育児には耐えられません。

子供を産む為の準備も大切ですが、
それに耐えられる体にケアするのも、
子育ての一環です。

 

そこで今回は、腰痛に悩む妊婦さんに
オススメのマットレスとは、
どんなマットレスなのかを
お伝えしていきます。

 

妊婦さんにオススメは高反発のマットレス

妊婦さんの場合、
お腹に子供ができることで、
どんどん前に体重が掛かるので、
体を支える為に、背中が反った状態になり、
腰へ負担が掛かり、腰痛になります。

 

その為、寝ている間に腰を休めて、
腰痛を少しでも
和らげる必要があるのですが、
その時にオススメなのが、
高反発のマットレスになります。

 

なぜなら、妊婦さんの場合、
お腹が大きくなると、
寝ている間の姿勢が、
寝具に沈み込んで、
くの字になりやすいからです。

このような姿勢で寝続けると、
腰へ負担が集中して、
腰痛が起きる原因になります。

 

しかも、妊婦さんの場合、
お腹が重たいことから、
寝返りがなかなか打てないので、
常に腰へ負担が掛かり続け、
腰周りの筋肉も凝り固まって
腰痛が悪化することにもなります

 

しかし、高反発のマットレスなら、
反発力が強いので、
通常のマットレスに比べて、
寝る姿勢を水平に近づけることができます。

 

これによって、
体への負担が全体に分散されて、
腰への負担も和らぐので、
それが腰痛の軽減にもつながっていきます。

 

高反発のマットレスは寝返りが打ちやすい

妊婦さんの場合、お腹が大きいので、
なかなか寝返りが打てませんが、
それでも寝返りをする必要があります。

 

なぜなら、寝返りをしないまま寝続けると、
同じ個所に負担が掛かり続けるので、
体中が凝り固まって、
それが腰痛につながっていきます。

 

その為、寝返りをする必要があるのですが、
柔らかい寝具を使っている場合、
体が寝具に沈み込んでいるので、
寝返りに必要以上に力が必要になります

こうなると、寝返りをする際に、
目が覚めてしまい、
眠りが浅くなってしまいます。

 

一方で、高反発のマットレスなら、
寝る姿勢が水平に近づくので、
寝返りも打ちやすくなります。

その為、柔らかい寝具に比べると、
寝返りをする時に
余計な力が掛からないので、
眠りも良質なものになるでしょう。

 

このような点からも、
腰痛がある妊婦さんは、
高反発のマットレスがオススメなのです。

 

産後のことも見据えておきましょう

コチラの記事でも書いたのですが、
妊娠中も腰への負担が大きく、
腰痛が起きやすいですが、
産後の方が腰への負担は大きくなります。

 

なぜなら、産後は、常に赤ちゃんを
抱っこし続ける必要があり、
しかも赤ちゃんは
日に日に大きくなっていきます。

この事を考えると、
腰への負担は妊婦の時以上になり、
腰痛が更に悪化する可能性が高まります

 

しかも、育児中は、
赤ちゃんの夜泣きによって、
睡眠時間も少なくなるので、
体への負担は大きくなります。

だから、そのようなときに、
少しでも良質な睡眠を取る為にも、
腰痛を軽減してくれる
高反発のマットレスがオススメなのです。

 

まとめ

妊婦さんになると、
腰への負担が一気に大きくなって、
腰痛が起こることが多くなります。

しかも、腰への負担は、
妊婦の時だけでなく、産後も続きます。

 

むしろ、産後の方が、
大きくなっていく赤ちゃんを
抱っこし続けるので、
腰への負担は大きくなっていくでしょう。

その為、妊婦の時点で腰痛があるなら、
早い内から高反発のマットレスを使って、
少しでも腰痛を和らげていくことが
重要だと思います。

 

子供を育てていくには、
とにかくパワーが必要です。

そして、そのパワーをキープするには、
睡眠の質は物凄く重要になります。

 

元気な子供を育てることも大切ですが、
自分の体をしっかりケアする事も含めて、
育児だと私は考えています。

 

もし、腰痛を和らげる為の
高反発のマットレスを探しているなら、
まずは自分に合ったマットレスを
選ぶ方法というのを知っておきましょう

自分に合ったものを選ばないと、
いくら高反発のマットレスとはいえ、
腰痛は軽くならないですからね。

 

そんな、自分に合った
正しいマットレスの選び方はコチラ